顎に指を当てる女性

ネイルのデザイン

ネイルとは細かな作業であり尚且つその人の”個性”や”センス”が問われるものである。 最近では、ネイルのお店などが増えてきていて身近なものとなっているのだが、お店を出すことは誰でもできることではないのである。 みんな通信やスクールといった講座を受けて発表や試験をしたり、爪を貸してくれるモデルの人を何人も探したりと下積みの努力をし、合格した人が取得できる資格が必要なのである。 爪を塗るのだけではなく、その時代に流行っている柄やキャラクターに敏感であり、そのデザインを作成する能力も問われるのである。 お店でネイルを扱うネイリストさんとお客さんの距離はすごく近くて緊張する人もいるかと思うが、それがかえってアットホームな空間を作ってくれてリピーターとなる方が多いのである。

ネイルに使用する道具はネイルサロンなどに行く人は限られていると思うので、あまり知られていないと思うが、ストーンやビーズ、デザインを書く筆や消えにくくする為のコーティングといった道具が沢山あるのである。 最近自宅などで簡単に出来るシールタイプの物や塗るとすぐ乾くコーティングなどがお店で沢山売っているので、ネイルサロンにいかなくても爪を綺麗に保つことができるのである。 デザインに飽きた時や、失敗などをしてもすぐ落とせるリムーバーという商品もあるので、1日限定でネイルをやる学生さんや社会人さんなどが増えてきているのである。 爪の長さが足りない人や長くしたいという人にはスカルプという付け爪もあり、爪の長さを変えることができるのである。この付け爪も最近ではお店に沢山売っているので自宅で簡単に自分で付けることができるのである。